ごあいさつ

本サイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。
やむどっとじぇーぴー代表者の山崎です。

弊社は福岡市内、北部九州と東京都内を中心に、各種コンピュータシステムの構築・コンサルティング・販売を行っております。


<業務内容>
・システムコンサルティング
・コンピュータシステム設計/構築
・インターネットシステム設計/構築
・Webサイト(ホームページ)設計/構築
・プログラム作成
・マーケティングリサーチ
・データベースシステム構築
・ネットワーク経路設計/構築

 VineLinux,PostgreSQL,Apache,PHP4を組合わせたWebDBによるシステム構築を
得意とし、各種ビッグネームのシステム構築の実績があります。

 信頼性が高く、コストを極限まで抑えられるオープンソース(註釈1)を採用します。
MS社製品は、単なるブラウザの機能しか使いません。
これにより、MS社製品に見られる脆弱性や、バージョンアップによる再出費や
再テストの費用拡大と信頼性低下を回避できます。
主なOS:CentOS (RedHatLinux, ScientificLinux, DebianLinux他)
主なDB:PostgreSQL (MySQL, Oracle)
主な言語:PHP5, C/C++, Perl, Java, JavaScript, HTML, Flash MX
(註釈1)
 オープンソースは、プログラムが記述言語のレベルで公開されており、必要に応じて
改変することも許されています。誰でも自由に無料で使えるかわりに、不具合の修正
や配布を協力しあうというもので、世界中の優れたプログラマーは、必ずなんらかの
形で参加しています。無料ということより、世界中の優れたプログラマーが
常にメンテナンスし続けている品質の高さに価値があります。

 逆にメーカー製のソフトウェアは、隠蔽している部分が多く、そこにバグや脆弱性を
抱え込んでしまっています。バグの上で動くことが仕様になってしまうことで、
バグが改修された時点で動かなくなるアプリケーションソフトが発生してしまいます。
どこのバグをどのように直したのか、メーカーは具体的な内容を発表しませんから、
動かなくなったアプリケーションを改修するには、大変な労力が必要になります。

<業務例>

飲食店 樣

 『面倒じゃない効果的なメール一斉配信システム[シンプルパートナーMail]』
  …携帯で1通送るだけで、最大5000件のお得意様に一斉配信します。
    PC不要!お手持ちの携帯電話だけで運用できます。
    初期費用5,000円、月額2,500円と配信毎に1,000円で、配信数無制限!
    面倒なこと、全てご相談ください。<好評売出中>

SI企業 樣

 『御社のSEとしてオープンシステム系・ネットワーク系の業務を代行』
  …Linux,PostgreSQL,PHP5,Apacheに明るいSEは足りていますか?
    御社の業務範囲を(アウトソーシングで)広げることができます。

インターネット関連企業 樣

 『特殊な設定のサーバの構築』
  …POP before SMTPや、バーチャルドメインのメールサーバなどの構築代行します。

イベントシステム製作企業 樣

 『近付くと画像や音声が流れるなどイベントシステムのセンサと制御プログラム作成』
  …センサとPCのI/Fハードウェア設計・製作、制御ソフトウェアの両方を
    構築します。アイデア段階で御気軽にご相談ください。

製造業・流通企業 樣

 『Eコマース・倉庫管理など、データベースを核にするシステム構築』
  …高価な商用データベース以外に、オープンソースなども織り交ぜて、
    費用対効果のバランスを保ちます。予算的にあきらめていたシステムでも
    ご遠慮なくご相談下さい。

不動産・中古車販売企業 樣

  『他所と違う仕掛け、アイデアを盛りこんだシステム構築』
  …今使われているシステムの気に入っている点、気に入らない点
    盛りこみたいアイデアなど、お聞かせ下さい。

<作業の流れ>
1.顧客要件ヒアリング(ミーティング)
               ↓                                 A.システム要件設計
               ↓ ※実務を見学させていただくことがあります
2.システム要件顧客確認(ミーティング)
               ↓                                 B.データベース設計
               ↓                                 C.データベース仮運用試験
3.システム仕様(機能面)顧客確認(ミーティング)
               ↓                                 D.画面イメージ設計
               ↓                                 E.デザインのあたり作成
4.システム仕様(画面)顧客確認(ミーティング)
               ↓                                 F.製作
5.テスト       ↓
6.テスト結果検討(ミーティング)
               ↓                                 G.デバッグ
7.納品(検収)
完成イメージやデザインのあたり確認は、設計の最終段階にならないと確定できません。
そのため、システム構築に不馴れなお客様の場合コミュニケーションギャップが発生
してしまい、工程1〜3が浅いものになってしまう危惧があります。工程1〜3が、
システムの基礎土台となります。安易に製作に着手してしまうと、結果的に何度も
設計し直しの必要が発生しますので、こちらの指示に従っていただきます。
「とりあえずこんな感じで作りはじめて!」というのは絶対禁止です。

また、他システムからの移行の場合、設計時に現行全データが必要になります。
データの矛盾や仕様の対応範囲、希望運用方法の可否を最初に設計します。
仮データや部分データ、仮仕様などによる不完全な設計、要件の提示洩れなどは
責任を負い兼ねます。